街の風景・高雄

街の風景・高雄の見所


檳榔 (ピンロウ

檳榔子を噛むことはアジアの広い地域で行われている。檳榔子を細く切ったもの、あるいはすり潰したものを、キンマ(コショウ科の植物)の葉にくるみ、少量の石灰と一緒に噛む。場合によってはタバコを混ぜることもある。しばらく噛んでいると、アルカロイドを含む種子の成分と石灰、唾液の混ざった鮮やかな赤や黄色い汁が口中に溜まる。この赤い唾液は飲み込むと胃を痛める原因になるので吐き出すのが一般的である。ビンロウの習慣がある地域では、道路上に赤い吐き出した跡がみられる。しばらくすると軽い興奮・酩酊感が得られるが、煙草と同じように慣れてしまうと感覚は鈍る。そして最後にガムのように噛み残った繊維質は吐き出す。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


街で林志玲(リン・チーリン)さんの看板を見つけました。ハイ一枚

日本製品を扱っているお店を行ってみましたが、生憎、closeでした。外から、一枚。

open後、又一枚

台湾の消費券

街を歩いていると「消費券」の垂れ幕をよく目にします。本家の日本の地域振興券はもたもたしている間に台湾では速やかの実施されました。金額は一人3600元だそうです。


檳榔 (ピンロウ)


檳榔子を噛むことはアジアの広い地域で行われている。檳榔子を細く切ったもの、あるいはすり潰したものを、キンマ(コショウ科の植物)の葉にくるみ、少量の石灰と一緒に噛む。場合によってはタバコを混ぜることもある。しばらく噛んでいると、アルカロイドを含む種子の成分と石灰、唾液の混ざった鮮やかな赤や黄色い汁が口中に溜まる。この赤い唾液は飲み込むと胃を痛める原因になるので吐き出すのが一般的である。ビンロウの習慣がある地域では、道路上に赤い吐き出した跡がみられる。しばらくすると軽い興奮・酩酊感が得られるが、煙草と同じように慣れてしまうと感覚は鈍る。そして最後にガムのように噛み残った繊維質は吐き出す。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

蝦釣り


 


管理人情報