娯楽 台湾の家庭マージャン

娯楽 台湾の家庭マージャン

【ルール】
台湾でよくマージャンをするがルールを十分に理解しないでプレイしている。台湾ルールでは16枚の手牌を17枚にしてあがる5面子1雀頭であることは知られているが後はよくわからない。ニコニコなど日本の役は殆ど無く、フリテンも無い。日本のマージャンはアメリカから伝わったと聞いている。詳しくは.... フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

義弟の家でマージャン

台湾では、家庭マージャンする場合は、お茶やお菓子などをもてなしてくれた人に「感謝の意味で」チップを渡します。
今回は私が勝ったので、私が渡しました。
マージャン台には、薄い紙を束ねたのを置きます。表面の紙が汚くなると、一番上の紙を取り、新しい紙の上でプレイを続けます。
マージャンをやっていない人は、カード遊びをしています。


管理人情報