橋頭糖廠

橋頭糖廠の見所

・台湾製糖業博物館 製糖業は高雄県橋頭郷に初の新型製糖工場が建設され、台湾の経済の発展に多大な貢献をしてきました。現在では、日本領台時代の台湾の重要建設を台湾製糖博物館として、台湾の貴重な歴史的文化資産を開示しています。橋頭製糖工場跡には、台湾製糖業発展の過程がわかるように、製糖工場、甘蔗を運ぶ軽便鉄道、熱帯殖民地様式建築風格を擁する事務所、日本和風建築風格の宿舍、完全に保存された花崗岩の庭園景観、小さな商店街など大切に保存されており,昔日の情景に浸ることが出来ます。入り口の傍に飲み物などを販売しており、一休みすることが出来ます。また、ここで出来た砂糖を使ったパイナップルケーキを販売しており、リーズナブルの値段で買うことが出来ます。
場所:橋頭郷糖廠路24号
アクセス:橋頭糖廠駅下車すぐ

参考資料:高雄県政府文化局:高雄県文化観光情報
http://cultural.kscg.gov.tw/jp/index.asp

【写真集】 橋頭糖廠 散策 橋頭糖廠写真集
【動画】 橋頭糖廠 入口の風景橋頭糖廠 構内の風景橋頭糖廠 糖業文物館橋頭糖廠 サトウキビ橋頭糖廠 製糖工場跡橋頭糖廠 構内の風景橋頭糖廠 線路跡橋頭糖廠 タンク橋頭糖廠 陳列橋頭糖廠 イベント橋頭糖廠 五分車

橋頭糖廠の写真


橋頭糖廠は、駅の直ぐ傍にある。日本統治時代の製糖業の中心であり、園内には当時の製糖工場、建物、鉄道など施設が残されており、一部は博物館として利用されている。

博物館

サトウキビが栽培されていた

当事の建物がそのまま残されている

サトウキビを運んだ列車

売店で売られているパイナップルケーキ180元。お土産に3個購入。

2人の台湾ギャルと知り合いになる。彼女たちは中正飛行場の免税店に勤めていて、スタイルもよく、可愛く、性格もグー。11月に日本へ行くと話していたので、いくつかの観光地を紹介した。偶然にも、桃園空港で再び出会あった。


管理人情報